業種によって異なる市場調査の方法とは

ビジネスにおいては顧客や顧客になりうる人物についていかに情報を集めておくかが非常に重要になります。それを調べるために行うのが市場調査です。調査結果をその後の開発や営業に反映させることで売り上げを伸ばしたり、無駄なコストを省いたりすることに繋げることができます。英語ではマーケティングリサーチと呼び、世界中で行われている調査と言えます。調査の手法に関しては様々な種類があり、業種ごとに用いられる手法が異なっています。例えば食品を販売するメーカーと、学習塾を営業するメーカーでは欲する情報が全く異なるということです。自社が他のメーカーと差別化するためには調査手法にも工夫を施す必要性が高く、その方法が調査の精度や情報量にも大きく影響を与えています。

手軽なアンケート調査のメリット

市場調査において最もポピュラーな手法とも言えるのがアンケートです。安価でたくさんの人に調査できるのがアンケートのメリットです。最近ではインターネット上にアンケートを用意することでより多くの方へと回答を求めることも可能になっています。アンケートのデメリットとしては回答者がどのくらいしっかりと答えたかが分からないところです。項目をほとんど読まずに回答したり、対象外の方が答えてしまう恐れがあります。アンケートの項目や配布方法を工夫することである程度デメリットは抑止することができます。アンケートによる調査は顧客の数が多い小売店や飲食店などでよく用いられています。そういったお店ではアンケートの集計したデータを分析し、お店の配置や広告の出し方に活用しています。

1つ1つのデータの精度が高まる対面調査

エステサロンや学習塾など一人一人の顧客がお店の営業に大きな営業を与えうるお店では、対面調査という市場調査を用いることがあります。対面調査とは一対一で行う調査であり、詳細な内容までデータを取得することができます。調査の精度は基本的に高くなることが大きなメリットです。ところが、調査を受ける側の時間を長く取ることになるので、受ける側に何らかのメリットを与えないと調査自体が行いにくい特徴を持っています。そこでエステでは割引券、学習塾では受講券などをサービスとして配布し、調査への協力を仰ぐケースが多くあります。調査する側は調査員に対する人件費がかかるので、それなりにコストが必要となる調査と言えます。その分、大きなリターンを得られるように結果を活用することが大切です。