市場調査を活用することで見えるものとは何か

新しく店を出したり、新しいサービスを提供したいと考えたときは市場調査をすることをおすすめします。新しいサービスがこれから生み出されていきそうな利益を事前に予測することで、今後の経営戦略を立てやすくなります。また、既に今ある商売がうまくいかない時にも行うといいでしょう。事業がうまくいかないということは、サービスを提供する側と消費者との間に何かのミスマッチが起こっていることが考えられます。調査をして分かったことを活用して立て直しをすることができます。時には撤退の判断をしなければいけないかもしれませんが、その決断をする後押しをしてくれることもあるでしょう。今後の経営判断をする上で重要な事柄を知ることができます。実際に何が分かるようになるのでしょうか。

市場調査で知ることができるものとは何か

市場調査をすると消費者のニーズが分かります。消費者がどんなものを欲しがっているかということや、既存製品への不満などです。また、商圏内の人口分布を調べることもできます。高齢者が多い地域か、子供が多い地域かによって需要は全く異なります。そして、彼らがどのような商品を必要としているかを知ることができます。他にも店を出す予定の場所の往来は多いか少ないか、人が多い時間帯なども重要な情報です。全国的に商品やサービスを提供している会社ならば、インターネット調査で幅広い人からの情報を知ることが有効でしょう。既存商品への不満や新規商品への期待などを知ることができます。商品を販売しているだけではなかなか見えてこない消費者のニーズを拾い上げることができるでしょう。

結果を活用して経営戦略を立てる

市場調査で得た結果は今後に生かすことが重要です。新規出店なら商品の品ぞろえや内装に生かすことができます。また、子供が多い地域ならプレイスペースがあると喜ばれますし、お年寄りが多いなら休憩ができる椅子があるといいかもしれません。まだお店を出す場所を決めていないなら、場所を決定する判断材料になります。既存商品への不満があればその不満点を解決するために改善をする必要があります。場合によっては事業を縮小したり撤退をしなければいけないときもあるでしょう。調査をすることで次になにをすれば利益を大きくできるかを判断できますので、今後の経営戦略にも大きく影響を及ぼすことにもなります。新しく何かを始めようと思ったら、また経営に行き詰まったら調査をして実態を把握してみましょう。