市場調査って一体どのくらいかかるの

市場調査はマーケティングリサーチとも呼ばれ、企業が商品やサービスを販売したりするシーンで顧客の需要などを把握するために行われる調査です。それを行うことで売上の向上が見込まれたり、人員の配置や尽力すべき工程などが明らかになるメリットを持っています。その方法としては、定量調査・定性調査・観察調査などがあり、特殊なものとしては覆面調査が実施されることも多いです。なかでも定量調査は従来から行われており、アンケート・面接を行い調査することとなります。どの調査法を採用するかについては、採用した結果、得られるデータをどのように活用するかによって違ってきます。かかる費用はどのくらいの規模でリサーチされるか、質問数などにより違いがあり、調査会社によって料金表が掲載され、それに従って見積もりを行う形で費用が決まっていきます。

現在主流となっているインターネットリサーチの料金

現在、市場調査としてオーソドックスになっているのは、インターネットリサーチでこれはweb上のサイトを活用して、アンケートを行う手法です。調査会社のサイトにアンケートを回答してくれる人を集め、幾つかの質問を行うアンケート形式で行われます。この方法は複雑な手続きを要しないこと、短期間で行え、コストもかからないで市場のニーズを把握できる点で優れています。インターネットリサーチにおける料金は、サンプル数と質問数に応じて決定していく仕組みで大手企業の場合だとサンプル数400で10問程度の質問の場合だと16万円前後の料金がかかります。もちろん質問数とサンプル数が増加していけば、それに比例して料金も加算される仕組みになっています。インターネット調査を依頼する時には調査会社の料金の相場を押さえることが肝要です。

調査においてはまとまったコストがかかるのが特徴

市場調査を行い採取できるデータは、非常に価値を有するものとなるため、企業がそのデータを分析して経営戦略を練ることに使えます。企業にとっても死活問題にも発展することもあるため、いかに重要な存在かを知っておくべきです。それだけ価値を有することなので、企業もそれに予算を割くこともあり、今後もさらに市場の動向などを調査し分析することは商業活動がある限り、なくならないものとなります。調査においては、様々な方法が存在しますが、まとまった費用がかかることを熟知しておく必要があります。インターネットリサーチであれば数十万円単位が相場ですが、他のリサーチ方法では数百万円単位になるケースもあります。調査会社としては、活用したことがない企業や広く顧客を集めるため、無料トライアルを実施している場合もあり、データを集めることの有用性が理解できる様にしている会社も存在します。