依頼をするなら市場調査とはなんたるかを知っておこう

市場調査とは、企業が提供する商品やサービスの需要を増やすためのマーケティング活動です。良い点や悪い点を挙げてもらい、改善などに役立てることで満足度を高めるのが目的となります。実行する手段としては、アンケートやインタビューなど様々な形式があり、予算も異なります。できる限り大量にデータを集めることで、市場の偏りが無い意見を聞くことができます。さらに細かな意見を必要とする場合には、個別に細かな質問をして答えをもらう方法もあります。調査の手段として、客観的な意見を求めるものと、ある程度は企業側で仮説を立てた上で質問するものとがあります。さらに直接意見を聞く1次情報と、すでに別の機関などが実施して得られている2次情報があり、それぞれ活用方法が異なります。

市場調査を行う際の手段について

調査を行う手段には色々ありますが、最もポピュラーなものがアンケートです。例えば飲食店などでは、店内にアンケート用紙を置いておき、お客さんに記入してもらうといった形です。一方的に協力を求めるスタイルなので、費用はさほどかかりませんが回収率は低くなります。またネット上で実施するアンケートもありますが、当選によりプレゼントを送付するといった工夫をすることで回収率を高めています。あるいは一度でも店舗を利用したことのある顧客に対して、ダイレクトメールでアンケートを送る方法もあります。このように実際に商品やサービスを利用した人であれば、かなり有益なデータを回収することが可能です。また不特定多数が相手ではなく、個人を対象にインタビューを行う方法もあります。

インタビューが有効な理由について

個人を対象として行うインタビューは、細かな質問ができることが特徴です。消費者の代表として人選を行う必要がありますが、より精度の高い改善点など指摘される可能性があります。また数人を会場に読んでグループ形式でインタビューをする方法もあります。1人よりもリラックスできる雰囲気なので、気兼ねのない意見を引き出すことが可能です。注意点として、どのような質問をするのかということが挙げられます。ある程度は企業側で仮説を立てておいて、販売不振となる商品があれば何が原因なのかを提示できるようにすることも大切です。消費者は全ての人が、自分が感じている不便さなどを的確に表現できるとは限らないからです。このように市場調査は売り上げをいかに増やすかを目的としているので、データ回収のみにとらわれないことも大事です。