よく聞く市場調査という言葉もそもそも何をするのか

市場調査という言葉は良く聞かれますが、消費者としては実際にどのようなことをしているか良くわからないものです。調査を行わないまま販売すると、実際に消費者に受け入れられなかったり時代背景にそぐわないものだったりなどで売れ行きが振るわないこともあります。発売後に発覚した場合、企業側は大きなリスクになります。売れない商品在庫を抱えてしまい、生産コストや開発コストを回収できないまま業績が悪化することもあります。事前に消費者の動向や時代背景など調べておくことで、開発段階で修正を行うことができます。調査の方法は自社で行う方法と、専門業者へ委託する方法があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、どのように調査してゆくかしっかり検討する必要があります。

自社で行うことができる市場調査

自社で市場調査を行うメリットは、費用を少なく抑えることができる点です。しかし、方法によっては正確な調査を行うことが難しいこともありますので、必要な情報に応じて手法を検討する必要があります。消費者の意見を聴取したい場合、一番簡単な方法は商品にアンケート用紙を封入することです。回収率は低くなりますが、自社の商品に付属させるだけになるため、手間やコストを抑えることができます。回収率を上げるためには、抽選で商品をプレゼントするなどの応募方式が一般的です。また、サンプリング調査も自社で行うことができる方法です。サンプルを配布し意見を聞くことで、新商品の開発等の参考になるでしょう。しかし、この手法をとる場合、人員の確保や調査する場所などの検討が必要となります。

専門業者へ委託する場合のメリットとデメリット

外部へ委託しマーケティングを行う方法のメリットは、専門業者が持つノウハウと全国の消費者からの意見を幅広く聴取できる点です。一方デメリットとしては、コストがかかる点です。コストをかけて調査する必要があるかどうかをしっかり吟味する必要があります。専門業者は、インターネットや電話などを使い幅広い消費者層へのアンケートを行うことができますので、より正確なデータを得ることができます。また、場合によっては消費者を会場に招いて直接意見を聞くなどのセッティングを行うこともあります。当初予測していたターゲット層と実際に好まれる層との差異などを把握することができますので、いざ販売してからターゲットが違ったというようなリスクの回避も可能となります。実際に市場調査を行う場合には、どの手法が有効かしっかり決めておくとよいでしょう。

国内・海外市場におけるBtoB領域の豊富な調査実績があります。 国内・海外市場における充実した調査実施体制が整っています。 BtoBのヒアリング調査を得意とし、定量調査では入手できない現場の[生の声」を収集できます。 産業全般にわたるマーケティングリサーチを、お客様との綿密な打ち合わせに基づいて実施いたします。 技術・価格動向調査、販路・顧客開拓調査、事業性評価を行います。 本物のリサーチャーによる市場調査なら